とにかくたくさん山に行くために

「とにかくたくさん山に行く」はTimtamとCueのメインコンセプトです。
 近郊の低山での沢登り、地図読み山行、岩登り、スノートレキング(スノーハイキング)、そして街のクライミングジムをターゲットにすれば、どんなに忙しくても、毎週のように山に行けます。「とにかくたくさん山に行く」は登山教室Timtamと笈のメインコンセプト(建学の精神)です。

登山についての提案
1、「日常生活を豊かにする山」
 20世紀の登山は、「自然を征服する」という発想で行われてきました。自然は克服すべき課題であり、現代のプロスポーツのように、ともすれば、日常生活を課題克服のために犠牲にすることもありました。Timtamは登山をスポーツとして捉えるのではなく、日常生活の延長線上にある営みであると考え、登山と日常生活が対立するものではなく、相互に影響しあって人生を豊かにしていくものであるべきと提案します。

2、「持続可能な山」
 プロスポーツとは異なり、登山には引退がありません。しかしながら、「より高く、より困難」を目指す20世紀の登山思想では、「より高く、より困難」を目指すための肉体的、精神的な限界によって登山を「引退」してしまう人もいたように思います。Timtamは、登山は限られたルートや登り方に狭められるものではなく、人生の様々な段階で多様な係わり方が可能な、幅広い可能性を秘めた営みだと考え、「より長く、より深く」という概念を提案します。


TimtamとCueで行く山は入会案内の冒頭の文に示されています。

Timtam…
  登山教室Timtam(ティムタム、以下 Timtam)は、山登り超初心者を自負する方を対象に
  基本の登山技術(初級の岩登り・沢登り・雪山登山、山歩き、仲間作り)を学んでいただく所
  です。そして、そのような学ぶ登山に並行して、学んだ技術を応用しての個人山行に出かけ
  て行く所です。
  Timtamで行く山は、
四季おりおりの生活の延長線上にある山、日常生活を豊かにするため
  の山
です。・・・A
 
 「山は、そこにいるだけでイイナァと感じるところだと思っています。基本の技術を身につけ、
  
とにかくたくさん山に行くためにTimtamへ入会しませんか。・・・B
  体験入会を兼ねたゲスト参加も大歓迎です。・・・C


笈(Cue)…
  登山教室 笈(Cue)は、山登り超初心者を自負する方を対象に基本の登山技術(初級
  の岩登り・沢登り・雪山登山、山歩き、仲間作り)を学んでいただく所です。そして、

  そこで使われる技術のことがわかるスタンスで、ガイド登山に出かけ
  て行く所です。
紺色文字の文がTimtamとCueで違います。
  笈で行く山は、四季おりおりの生活の延長線上にある山、日常生活を豊かにするた
  めの山です。「山は、そこにいるだけでイイナァと感じるところ」だと思っています。
  基本の技術を身につけ、とにかくたくさん山に行くために笈(Cue)へ入会しませんか。

@活動の中心は“実技講座”と“山の集い(机上講座)”の二つです。
A行く山の中心は、忙しい仕事の中で見つかるわずかな休日を使って行ける山であり、その山に行くことで仕事を含む日常生活を充実した豊かなものにしようと提案しています。
Bどうして「山はいいな!」と思うかというと、たぶん、山はたくさん歩けるからです。でも、吹雪の山小屋に停滞しても山はいいです。・・・とにかく、たくさん山に行きましょう。
C山になるべくたくさんの人が来てくれるようにするための工夫です。“実技講座”と“山の集い”のどちらにもゲスト参加出来ます。

ああ四季おりおりの生活の延長線上にある山」・・・忙しくても行けます。
ああ日常生活を豊かにするための山」・・・山に行っている方が、仕事がはかどります。
ああそこにいるだけでイイナアと感じるところ」・・・山で和みましょう。
ああとにかくたくさん山に行く」・・・メインコンセプトです。
さまざまな判断の場面で、長い目で見たら「どちらがたくさん山に行けるのか」をいつも選択の基準に加えましょう。